スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年7月27日北川の杜

朝から散水してくれており、舞い上がる埃の量も少なくなってだいぶ助かっています。

2010.07.27 012


森の手前にセイタカアワダチソウが群生しています。
そこに最近、見慣れない野鳥が来ています。
すずめそっくりですが、風切り羽が白いのです。

どちらさんだろう?まだ特定できていません。

野鳥は全然知らなかったのですが、ここに越してきてから、
非常に身近なものとなりました。
鳴き声や姿を見て、図鑑で調べて特定するのが楽しいです。

できれば、この近辺で見られる昆虫や野鳥などの写真を撮って、
保存しておくといいのかもしれませんね。
(でも、動く被写体は撮るのが難しくて)


だって、谷が埋まっちゃったら、見れなくなっちゃうもんね。



スポンサーサイト

2010年7月22日の北川の杜

壁による囲い工事がすべて終わったようなので、全容写真を撮りました。

前方↓
2010.07.22 002



搬入路側↓
2010.07.22 003


引橋側↓
2010.07.22 004


住民になんの前説明もなく突然壁がたちはじめた、ということで、
京急さんに問い合わせたところ、昨日、事務所から工事の月間行程表や仮囲い設置位置図などを
持ってみえました。



2010年7月17日の北川の杜

壁がだいたい完成したようですので、写真をUPします。
夕方だったからちょっと暗いです。すみません。
住宅地と森の間に畑(現在は耕作していない)があるのですが、
そこに住宅地を囲むようにぐるりと半円を描いて壁が設置されました。


引橋方面↓
2010.07.17 079



正面↓
2010.07.17 080




2010.07.17 081




ついでに、今日の富士山。キレイでした。
2010.07.17 083



今残っている北川の上流部分だけでも残してくれたらなあ。





2010年7月8日北川の杜

昨日の事ですが・・・。
森と住宅との間に、銀色の壁が立ち始めました。

2010.07.09 004


高さ3メートルの壁です。
これで、粉塵・防音対策、ということだそうです。
それと、無断で人が立ち入らないようにするため、とも。




この「壁」
なんとも象徴的です。
表向きは、「住民の方々に配慮して」ということになっています。
しかし、実際にこの壁が果たす役割は?と考えると・・・・・。
つい、例の有名な「壁」を思い出してしまいます。
意味するところは、「断絶」です。


大げさかもしれませんが、なんだか、20世紀から残された宿題と戦っているような気さえします。
しかも、もう時間がない。
カツオ君の気分です。



7歳の娘は、この壁を見た時、悲鳴をあげました。





「壁」はまた、恐怖から生まれるものだと思います。
しかし、あの「壁」は20世紀中に壊されました。
私たちにできることは、恐怖を捨て、希望を捨てないこと、かもしれません。




大げさですかね?

2010年7月6日の北川の杜

ここしばらくは景観には変化がありませんでした。

が。

今日からまた違う動きが・・・・・。
何かを作り始めたようです。

2010.07.06 005


もう、嫌な予感しかしません。
駐車場?
ここにダンプがずらりと並んじゃったら、どうしよう。

森の中でもユンボが作業しています。

斜面林には廃棄物がいっぱいあります。
電化製品など、無造作に捨てられてます。
前に見た時には、電柱も捨てられていました。

そういうゴミって、そのまま埋め立てられちゃうのかしら?


プロフィール

クラガー

Author:クラガー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。